SIMフリー版のiPhone6の注文を行ないました

LINEで送る
Pocket

iPhone6発売の熱狂が少し落ち着き始めた10月、SIMフリー版のiPhone6をAppleストアに注文しました。

iPhone6の感想

9月19日の発表会前からスクープ合戦が加熱し、登場後は各社のサービス合戦がさらにお祭り状態に盛り上げてましたが、多くのAppleファンはいつもと違ってなんかこの”ビッグウェーブ”に乗り切れない感があったことは否めません。

違約金払ってでも欲しい、スペック語っての優越感じゃない、ちょっとくらい動作や使い勝手が”普通”と違っていても問題あっても関係ないッ、むしろ不便さは愛嬌だという、惚れ込むような何か・・・!を求めていたんだ、ああ、確かに現実歪曲空間の中に僕らはいたんだ、と再確認したような感じでした。

それでも僕らは、前に進まなくてはなりません。新しいAppleとの付き合い方を。

iPhone6 PlusではなくiPhone6を選んだワケ

今回は、iPhoneを買うにあたり”はじめて”実機を見に行きました。
理由はやはり、その大きさです。やっぱでかい。

ネットのレビューでは「大きいのは正義」とのコメントを多く見ますが、それは買っちゃったから正当化したいんでないの?と感じるくらい、大きさと使い勝手は気になります。

特にiPhone 6 Plusは日常と電話との付き合い方を変えるインパクトがあるでしょう。

Appleは鞄の中に入れて、ちょっとした通話などはApple WatchやMacで・・という使い方を今後はプロモートするみたいですが、いましばらくの行動や生活を考えると、ポケットに入れて、外出先や行動範囲の中で手のひらの上で情報を得て、という存在に近いのはiPhone 6かなというところです。

決め手となったのは、妻の「iPhone 6でしょう。ちょっと大きいだけで、あとは慣れだよ」との現実的な言葉。

戻ってから、ウェブから注文することにしました。

iPhone6のSIMフリー版を頼んだ理由

今回は、SIMフリーを試してみる人は多いのではないでしょうか。
わたしの場合要約すると、今後のiPhoneとの付き合い方を考えてです。

たぶん、フルモデルチェンジの周期である2年ごとにiPhoneを買い替えることは少なくなるであろうこと。iPhoneは成熟期に入ってきていて、性能や機能追加もある程度予想できるため、今回のiPhone6でしばらく2年以上使うことは可能だろう、と。
そして2年以上使うとなれば、販促費も盛られた大手3社ではなく、MVNOでの運用の方がコスト面で有利とです。

MVNOは安さの変わりにネットワーク品質のトレードオフがどうしてもありますが、今の生活は高速のLTEネットワークをバリバリに使う使い方でないため十分です。
先月で2GBくらいしか使ってもいませんでした。

海外に行く機会もあるため、現地での活用も視野に入れるとSIMフリーが現実的だと思いました。

新しくなったAppleストアでのiPhone6の注文方法

先のiPhone5SシリーズからAppleストアでのSIMフリー端末が購入できるようになりました。

今回Appleのサイトもデザインがフルモデルチェンジしていました。
これでいいのかな、と思ってしまうくらいにムダを省いた、ニュートラルな、見やすいけれど素っ気ないようなサイトですね。

img141004_2iPhoneストアから「今すぐ購入」をクリックすると、iPhone6をスペックごとに選ぶことができます。

img141004_3

しかしよく考えると、iPadシリーズより高いんですよね、Plusは。

そしてオプション選びをパスするとすぐに注文手続きに進みます。

iPhone 6は10営業日くらい、Plusは2〜3週間が現在の待ち時間のようです。

躊躇していたiPhone 6、しかし注文してしまうとやっぱりわくわくしてしまいますね。
今度はどんな体験を人生にもたらしてくれるのか・・!

やっぱり、はやく使ってみたいです!

LINEで送る
Pocket

1件のコメント

Leave a Comment.