24時間過ごして実感した、watchOS3で広がるAppleWatchの実用性

2016年9月14日のアップデートをもってiPhoneはiOS 10が登場し、合わせてAppleWatchのwatchOSも新しくなり、watchOS3となりました。

そして一気に便利になり、これなら大いにみんなに勧められる、という機能を持つようになりました。

Apple Watchを購入した時の記事はこちら:

【レビュー】Apple Watchを持つことの意味を挙げるなら

Apple Watchと過ごした3週間のインプレッション

Watch OS2へのアップデートで、やっとApple Watchを楽しめるようになってきたかも

限定解除。レスポンスが格段に速くなった!

Apple Watch | Apple(http://www.apple.com/jp/watchos/)

レビュー記事でも7倍の速度向上と言われていた反応速度は本当です。タッチして1,2秒で目的の機能が使えます。

アイコンやボタンを押してからの移行もクイックになったとわかりますが、裏側での処理も早くなっています。

例えばメールを開くのでも、ディスプレイ上の文字盤を押してからくるくると回るローディングサークルを10秒くらいは見つめなければならず、何のためにタップしたのか目的を失うほどでした。手元のiPhoneをそりゃ開く。

AppleWatchにそう言ったアプリが載せられた目的は、iPhoneを開く手間をシンプルにするためであったはずなので、反応速度が遅ければ5万もするただの「通知マシン」でした。

しかしこれで、ようやく実用性に花が開くと感じます。

地図、アクティビティ、今回話題のメッセージといったデフォルト機能は意識的に使ってみようと思える変化で、他のサードパーティアプリのブラッシュアップが楽しみです。

iPhone 3Gを持っていた時、日本語文字入力の切り替えが恐ろしい遅さでしたが、OSバージョンアップでスイスイできるようになったのを思い出します。

より考えられた操作性のメニューやナビゲーション

Dock

今回大きく変わった点の一つが、サイドのボタン。以前は押すと連絡先一覧が出てきて、すぐに電話発信ができるという機能でしたが、良く使うアプリを表示するDockに変わりました。

それまでは、画面の下から上にスライドして出てくるグランスからアクセスするか、リューズダイアルを押して小さいアイコンから探すしかありませんでした。
または、文字盤上に表示できるカレンダーや天気などをタップする方法でした。

「あのアプリを使いたいな」と思って左手を持ち上げてから、ボタンをタップし目的のアプリをタップ。

この動線が自然になり、使いやすくなりました。

文字盤からアクセスできるアプリの選択肢も増え、よりパーソナルユースに近いものとなっていると感じます。

もっともよく使いそうなアプリは文字盤に配置して、その次に使いやすい機能はDockにおいて、というセッティングにすればバッチリ。

そして使用頻度が上がると、バッテリーの問題が上がってくる

今までは1日の終わりには50%前後でしたが、ぐりぐり触るようになるとそれだけ電池の消費量も上がるので、今日は就寝前にはもう24%に。

連続使用時間は今後どんどん改善されると思いますが、就寝前に充電、という生活パターンの使い方を前提とするのならしばらくは問題ないかもしれません。

バッテリー問題はiPhoneも同じなので、飛躍的に改善されるタイミングを持って

このwatchOS3に慣れてきたら、まるでiPhoneを操作するかのように、意識せずに機能を使っていける気がします。

やっと、と言いますか、ようやくAppleのデザイナー陣が本来やりたかった世界観が実現しようとしてるのかもしれません。

はじめはここまで整っていなかったので、ファッション性とか、期待値で売るしかなかったのかも。

Apple Watchを注文中の方、そして検討中の方、ぜひ楽しみにしててください!

【レビュー】Apple Watchを持つことの意味を挙げるなら

2世代目のApple Watchの予測記事も増えてきている頃で、「売れる」「売れない」「使える」「使えない」の賛否両論がまた活発になってきています。

私の身の回りではApple Watchを使っている人は非常に少なく、いまだにささやかな歓声を受け照れているところです。

それが「良かったこと」に入るかどうかは微妙ですが、使い始めて約8ヶ月、改めてApple Watchを使うことを考えてみました。

カメラの操作。が意外と便利

カメラ機能

出かけたり、人が集まった時にみんなで集合写真撮ろうよ、なんて時に「あ、そういえばApple Watchのリモコンから撮影できるよ」ということが折に触れてあります。

その場で写り方を写る側で確認できるので、もうちょっと右に寄ってとか前に出て、みたいなことも容易です。

自撮り棒は重さゆえにブルブルして意外と手ブレした写真になってしまうことが多いし、セルフタイマーはセットして走ってきてがあるので、その場でできるという点のメリットを感じます。

天気を見る。今を知る。が意外と便利

Apple Watchで天気を確認

特にこの冬の季節、ちょっとした温度差でも羽織るジャケットをたとえ沖縄とはいえ考えるもの。

さて出かけよう、という時に「あれ、この後どうだろう」というのを手首を持ち上げるだけで確認できるのは意外と便利です。

iPhoneでもできるじゃあないの、というのは事実ですが、毎日毎日、繰り返す動作であるほど、違いが出てきます。

ポケットやどこかからiPhoneを出して、ホームボタンを手探りで探して押して、という所作との差は小さく見えるかもですが、その作業がより動作少なく無意識にできるようになることの便利さは、日常の中のこととなると大きいと感じます。

iPhoneでは時間を見るにとどまらずニュースや他のアプリに意識を奪われてしまうこともありますが、その辺りも日常をシンプルにできます。

活動量を見る。が意外と便利

「アクティビティ」という機能があり、カロリー、運動量、立っていた時間が鮮やかなサークルで視認できます。

この活動のログは意外とバカにできません。健康もお金の流れも仕事も時間の使い方も、定則してみてわかることは価値があります。

この記録が日々、毎月iPhoneに蓄えられていくので、これを俯瞰すると「ああこの月は結構健康的だったんだな」とか「この週は忙しかったもんな、よしもうちょっと運動してみよう」などの意識を持てますし、これがもっと長い期間となると健康管理の面でのメリットも分かります。

忙しくなってくると運動がおろそかになってきたりするものですが、これを意識できるようになるだけでも違います。

そしてエクササイズができた時の達成感がより感じられるのも、記録のメリット。

忙しい人ほど、あるといい機能だと思います。

iPhoneを探す。が意外と便利

これも目立った機能ではないのですが、私はよくiPhoneをどこに置いたか分からなくなるんですよね。

車に忘れてきていたり、子供たちが積み上げた本の下敷きになっていたり、ジャケットの中だったり。

そんな時にApple Watchからタップするとソナーのような「ポォーン」というサウンドがiPhoneから聞こえてきてひと安堵。

夜や暗い場所だともっと便利だと感じます。

これもマイナーな機能なのですが、日常のちょっとした時に便利です。


 

日常って、めちゃくちゃ便利より、ちょっと便利くらいが丁度いい

iPhoneもその存在は「ミニ・コンピュータ」と言えばその通りですが、「Phone」とネーミングすることで世界の中での存在位置が定義されました。

Apple Watchも、これまでの世界で言うところの本当に「Watch」、腕時計のような存在だと分かります。

腕時計もなくてもいいものですが、日常でふと日時を知りたいと思った時にふと腕を持ち上げるとそれがわかる、馴染んでくるとちょっと便利で、ある人にとっては欠かせない存在となります。

このちょっと便利に、を発展させたのがApple Watchだと感じます。

「ちょっとした」なのでキャパは限られているので、例えばメールやメッセージの通知機能も量によってはうざく感じますし、メッセージも長文は送れないので不便です。

この「ちょっと」の量が許せない人は、やめていた方がいいと思います。

スマホのような革命的なデバイスではありません。

片手では操作できない機能も多いのも事実ですし、通信速度もそこまで速くありません。

ですが、今日あげたようなちょっとした便利さを通して、日常を楽しませてシンプルにするには十分な存在、というのは言えると思います。

Watch OS2へのアップデートで、やっとApple Watchを楽しめるようになってきたかも

http://www.apple.com/jp/watchos-2/

http://www.apple.com/jp/watchos-2/

バグの影響で延期されていた、Apple WatchのOS 2へのアップデートが突如登場。

ダウンロードするファイルボリュームは500MB強、いちどiPhoneにダウンロードしたものをさらにApple Watchにシンクロ、という工程のせいか、何度も中断があり大変時間がかかりました。

「OS 2でどんな機能が登場するか」は何ヶ月も前からアナウンスされてきているので、ここでは一ユーザーとしてのインプレッションをハイライトしてみたいと思います。

購入当時のインプレッションはこちらから

写真が動く!というだけなのになぜか感動する

種類の増えたWatchフェイスのひとつが、目玉の「タイムラプス」フェイス。マック湖、ニューヨーク、香港、ロンドン、パリ、そして上海の美しい写真がコマ早送りアニメのようにして表示されます。

ただ単に早送りするんでなくて、動きが止まるほんの一刹那に向けて、絶妙にスピードにブレーキがかかる。この動きが美しい。

時計だけにただ写真が映るよというだけでは能がない、ほんの二秒の間に移りゆくシーンを早送りさせることで時間の流れを感じさせ、「時」を意識させる哲学には脱帽です。

時間に合わせて、その時刻の街の様子に変わっていく

太陽が昇った正午ごろに見ると、まだ暑さを感じられるような青空に伸びるエッフェル塔が映るパリ。そして夜になると、ライトアップされたエッフェル塔のタイムラプス写真へ変わります。

 

Apple Watchのタイムラプス

いままでも世界時刻を示す時計はたくさんありました。そしてその時刻の様子を見てみたいと思えば、ネットを開けば見つかったかもしれない。

しかしふと腕時計を見下ろした時、瞬時に世界旅行ができる、これもApple Watchの魅力となりました。

レスポンスが向上し、キビキビしてきた感あり

その他、大きな変化は少ないのですが、全体的な反応がブラッシュアップされているのが体感的にわかりました。おそらく、iPhoneを使っている人であれば、だいぶ馴染みやすいデバイス担ってきたのではないかと思います。

もちろん母体のiPhoneと通信する必要のある時はまだ待機がいりますが、その時間も短くなっているように感じます。

アイコンやボタンが大きくなった

Apple Watchのアイコンが大きくなってきた

丸いApple Watchのアイコンが大きくなり、よりボタンらしくなりました。うん、これでだいぶ押しやすい、そういえます。
以前は、アイコン一覧を出した後も、目的のアプリをクリックするのに、一度狙いを定める必要がありました。
しかし改善され、分かりやすくそして押しやすくなったと感じます。

グラデーションが少なくなり、視認性が上がった

コントラストが大きくなり、もっとはっきりしてきました。以前はボタンもグラデーションがなんとなくかかっていたのですが、少なくなっています。

これも、操作性や視認性の向上になっています。うん、これで使いやすくなってきました。

Wifiにネイティブに接続してる?

これはまだ調査中で、またメリットのひとつではないのですが、OS 2からはApple Watch単体でWifiに接続し通信するようになる、と言われていました。
しかしいまのところ、どこをいじれば無線接続ができるのか、わかりません。

iPhoneから離れると、やっぱり「機器なし」状態になります。アプリによって変わるのか、ちょっと情報を集めたいと思います。


 

はじめに「人柱」としてApple Watchを買った時点で、アーリーアダプターゆえに耐えなければならないガマンはあったとはいえ、「使いやすさ」がどれだけ大事かがよくわかりました。

iPhoneを見なくなる、ということはなかったのですが、新しい生活の一面が加わったのは確かだと思います。

いままでもけっこう折に触れて、Watchフェイスを変えてみていたのですが、その度に新しい楽しみ方があります。
ケータイやPCでも、「スキン」の変更、装飾を好みで変えられるという機能があったりしますが、それらとは似て非なるものです。
時間、一日の楽しみ方が変わります。

OS 2になったことでだいぶ付き合いやすくなったので、特性を生かしたアプリの登場が楽しみです。

Apple Watchスタンドのおすすめはこれ!「INGRAM iSTAND」レビュー

まだ種類は多くありませんが、Apple watchのスタンドも発売されています。

IMG_8161

Apple Watchは、夜に寝るときは充電するような使い方が想定されています。背面にパチッと気持ちよく吸い付くマグネットのケーブルで充電を行いますが、その割には無造作に置いて使うような使い方のため、サードパーティによるスタンド開発合戦の場が用意されていたわけです。

機能性というよりも価格やデザインで選ばれるかと思いますが、今回はやはりカッコにて決めました。

INGRAM Apple Watch (アップルウォッチ) iSTAND (アイ・スタンド)

弧を描くラウンドフォルムに、Apple Watchを乗せて使います。底面もしっかり安定感があります。

IMG_8163

ホルダーとしてのたたずまいも、ただぶら下げているだけの他のスタンドとは一線を画す存在感があり、気に入っています。

Apple Watch、機能追加やデザイン意匠のブラッシュアップなどにあわせて買い換えることもあるとは思いますが、このスタンドはずっと付き合っていけそうな気がしました。

Apple Watchと過ごした3週間のインプレッション

2015年4月発売のApple Watch、先日届きました!鳴り物入りと言われていますが、iMacしかり、iPhoneしかり、MacBook Airしかり、開眼させられてきたAppleファンとしては初動に加わらなければいけません。

IMG_7942

それでも初回ロットで買うべきかどうか悩んでしまったおかげで、オンライン注文した時は到着は6月との表記。おかげでレビューを日々眺めつつ期待と不安を膨らませていましたが、予定より2週間早く届きました。

とどいた直後はブログにまとめることに間に合わなかったのですが、数週間過ごしてみての感想を書いてみます。

ステンレススチール製+スポーツバンドにした理由

今回注文したのは「42mmステンレススチールケースとブラックスポーツバンド」モデルです。

まず、一台でいろんな生活の場面に合わせたかったこと。そのために今後他のバンドを組み合わせた時、しっくりくるモデルはApple Watch Sportでなく、スタンダードなステンレススチールと決めました。

また日々ロードバイクやジョギングなどのエクササイズをこまめに行うので、エラストマーのバンドにしました。

IMG_7969

外出用にミラネーゼループのバンドがかっこいいかなあと考えています。こんなTPOを考えられるのも、Apple Watchのアドバンテージのひとつでしょう。

エラストマースポーツバンドの付け心地

スポーツバンドはSとMの2種類のサイズがついてきますが、少し短いSをつけています。

腕につける際、少し遊びがあるくらいがちょうど良いようです。しかしエクササイズのときは汗でずれて腕から外されたと認識しロックモードになるため、穴をひとつ狭めぴったりと巻くようにしています。

ゴム独特のべたついた感じもなく、前評判通り快適です。

エラストマーバンドにしたもうひとつの理由は、キーボードタイピング時に、バンドが当たるストレスがなさそうだから。

以前金属の腕時計を常用していましたが、特にMacBookを使っている時、カチカチ当たって傷が気になり、仕事時は外していました。すると使う機会が限られほどなくタイミングを選ぶことに。

スポーツバンドなら、この心配は全くありませんでした。まったく気にせずに、違和感を感じずに1日過ごしています。

iPhoneの通知センターを独立させた存在。しかし仕立て上げ方次第で文句ない体験に

僕は常時iPhoneはマナーモードにしており、しかもバイブをオフにして、通知があった際はライトが点滅するような設定にしています。

そうするようになったのは、バイブですら「今」を邪魔する存在になり得たからです。しかしその分、折に触れてまとめて通知センターをチェックしたり、「×」で消したりといった作業は増えていきました。

Apple Watchがあると、その通知が手元に届くようになります。iPhoneのバイブとは異なる、ブブッと軽い振動。しかし振動音もないし、たぶん手首という場所の触覚具合だからでしょう、何かあったと分かるには十分な感じです。

そして画面を見ると、時計の上に小さな赤い丸点が。下にスライドして通知を確認します。

iPhoneの通知センターを見なくなった

当然ですが、Apple Watchで通知を見なくなりました。一週間ぶりくらいに、そういえばiPhoneの通知センター前は見ていたな、という感じです。

Apple Watchアプリ開発者の意見を見ると、Apple Watchは通知機能が役割のほとんどを占めていて、処理はiPhone側で行っているようです。

ただ単に「お知らせをリアルタイムで受け取る」というシンプルな機能を、そしてiPhoneでストレスフルだった動作を、ここまでしなやかな「体験」としてあしらってしまう、これが今回のMagicなんだと思います。

買って体験してみてわかった、Apple Watchの役割

靴にしろ、食器にしろ、わずかな使い心地が左右する、ということはよくあります。

Appleの新しい製品を試してみると、あ、実はこんなところにストレスや違和感を感じていたんだ、と気づかされる発見が多々あります。それも写真やメディアでは伝わらない箇所で。

それを感じたくて、楽しみたくて入手していると言っても過言じゃないかもしれない。

そんな意味でApple Watchの存在は、情報社会との付き合い方です。

iPhoneがでてから、人は情報にコントロールされるようになってきました。

日常生活で腕時計で時間をちょっと見るような感覚とタイミングくらいのとき、そういった通知を知る、情報との付き合い方はそれくらいでいいんだ、と感じさせられます。

もっと有意義なことに時間を使おう、と。

人がそこまで意志が弱い存在、というのも事実なわけです。

Apple Watchを買うとよいのは、どんな人?

魅力を感じる人はもう買ってるとは思うのですが、ずばりいって、腕時計ほしいなと思う人です(笑。

腕時計も必需品ではなく、いまやケータイで時間確認をする人が多いとはいえ、いちいちカバンやポケットからそれだけのために出して確認するのは億劫で、というタイプの人にはぜひお勧めしたいと思います。

時間の確認プラスのAppleならではのおもてなしに、ぜひ驚いてほしいところです。

Appleファンとしては、投資家ではないのでそんな市場を席巻し駆逐するような存在ではなく、オルタナティヴとして受け入れられ、次第に世界に影響を与えるようなくらいであるほうが楽しみです。

さて、時計プラスアルファの存在としてのApple Watchの各機能についてはまた次回描いてみたいと思います。