その一杯がきっと至福になる。コーヒー好きならみて損はない、「A FILM ABOUT COFFEE」

少し前の映画ですが、コーヒー文化を美しい映像でまとめたドキュメンタリー「A FILM ABOUT COFFEE」(2015年公開)をみました。

2015年に米ブルーボトルコーヒーが世界初進出の第1号店として東京に店舗を構えるなど、近年、世界的な広がりや盛り上がりを見せる本格志向のコーヒーカルチャー。現在のコーヒー文化を牽引する、ニューヨーク、サンフランシスコ、ポートランド、シアトル、東京の5つの都市で活躍するコーヒー店オーナーらプロフェッショナルたちのコーヒーへの哲学や仕事ぶりなどを追った。

別のコーヒードキュメンタリー『おいしいコーヒーの真実』(2008年公開)は、「フェアトレードの大切さ」を訴求したテーマだった。

コーヒーの需要が高まるにつれ、栽培農家にちゃんと還元するために求められていたのが「フェアトレード」。

しかしさらに需要が高まってくると「クオリティ」が求められてくる。

そこから一歩進んで、「ダイレクトトレード」という現在の流れを描いているのが、今回の「A FILM ABOUT COFFEE」です。

生産農家とダイレクトに契約して、その農家と共同で良いコーヒー体験を作り出していく。

コーヒーのサードウェーブと言われている、浅煎りのスペシャリティコーヒーの追求の流れを進んでいくと、生まれるべくして生まれるものだったと言えるとわかります。

もれなく私も浅煎りコーヒーのファンで、都内のカフェを折にふれては訪れ、味にハマっています。

コーヒー本来の味をもっと引き出そうとするとき、それはどれだけ生成過程の中で「品質を落とさないか」にかかっています。

農家とどのように協力してコーヒーの美味しさを引き出しているか、そして豆が店舗に届いてからどのような加工を経て提供されるか、実に奥が深く、それはカフェの運営スタイルや味に表れてきます。

そんな意味で、生産者と提供者、そして消費者ははっきりとつながっていることがこの映画からもわかりました。

ブルーボトルコーヒーの創業者、ジェームス・フリーマンも映画の中でコーヒーの魅力について語る(公式ウェブサイトより)

カフェオーナーやバリスタのよりおいしいコーヒーを追求する姿勢は、コーヒーを楽しむ僕らにとっても尊敬するほど素晴らしいものであるし、そして生産者にとっても誇りと地域の発展をもたらすという、いい循環を生んでいくはずです。

美しい映像とともに、一杯のコーヒーに美味しさを求める姿勢が、ひいては世界中の発展につながっていくよ、とポジティブなメッセージの香りが漂う映画でした。

お気に入りのコーヒーのお供に、いかがでしょうか。

コーヒーの盟友、ローソンの麦チョコが新しくなった

仕事中のコーヒーブレイクのお供のスタンダードとなっているのが、麦チョコだ。

ほとんどのコンビニで100円程度で手に入る割には、すぐになくならないちょうどいい量のため、大変コストパフォーマンスがいい。

私の周りで手に入るのは、無印良品、ファミリーマート、そしてローソン。時折の本土出張の際にはセブンイレブンのものも手に入れるようにしてる。

それぞれの特徴は改めて語りたいと思うが、最もコーヒーに合うと思うのは無印良品の麦チョコ(通常の倍の200円もする)。

その次点に着くのがローソンの麦チョコだった。

チョコレートのコーティング加減も柔らかすぎず、そして加減のついたビターさが甘さを立ててちょうどよかった。

そしてこの度、パーケージデザインが刷新されているのを見かけた。
たの100円おやつもデザインが合わせて変わっていたため、よくあるマイナーチェンジかと思っていた。

しかし、味も変わっていたのだ!

「ローソンセレクト」の名の下、「ちょっとクオリティを意識したおやつ」との印象を受けるパッケージに変わった

「ローソンセレクト」の名の下、「ちょっとクオリティを意識したおやつ」との印象を受けるパッケージに変わった

ミルクチョコレートよりの甘さになっていて、口当たりも軽くなったように感じる。
どんどんと口に運んでしまうではないか。

これは、無印良品のそれの造りと別のルートへのアプローチだ。
無印良品の麦チョコは、比べれば大人向け、初めの口当たりからカカオらしさを感じさせるリッチさがあり、甘さの中に複雑さも隠したチョコレートらしい味わいがクセになる。

対してローソンの麦チョコは、もう少し万人向けの甘さだ。厚みはない。しかし麦とのバランスがちょうどいい。

多分、ウイスキーなどと合わせる時にはまた変わってくると思う。

けれど、浅煎りのブラックコーヒーなどとの相性は抜群だ。

これによって、麦チョコランキングに変動が起こりうる。
近いうち無印良品の麦チョコを入手し、テイスティングをする必要がありそうだ。

ホンダ・ジェイドに一年乗ってみての体験記

我が家にホンダのステーションワゴン、ジェイドを迎えて一年が過ぎました。あまり大々的に宣伝もされておらず、かつ辛めの批評が多い車ですが、一年乗ってみてのレビュー記事を書いてみたいと思います。

ホンダJADE(ジェイド)について。

http://www.honda.co.jp/JADE/

http://www.honda.co.jp/JADE/

人気でありながら2010年にモデル終了したストリームの後継と言われるステーションワゴンで、2015年2月に発売となりました。5ナンバーから3ナンバーに車幅が広がったことに加えて、ハイブリッド1.5リットルのエンジン、HONDA SENSINGという安全技術を搭載するとはいえ、乗り出し300万という強気な価格設定です。

発売後は自動車評論家からは2+2+2のシートレイアウトが酷評され、こんな車のニーズがあるんだろうか?という意見が散見されました。
噂ではマイナーチェンジでは後部座席は3列シートになるとかならないとか。

ジェイドに決めた理由。

うちの家庭は妻と幼児二人の4人家族。それまではフィットに乗っていましたが修理トラブルが続いていたため、活動範囲やライフスタイルが広がるような車を探して、半年くらい色々な車を試乗していました。

子供がいるからやはりファミリーカーかなと思っていましたが、トヨタのISISは10年ぶりのモデルチェンジ前のため設計や作りが古く感じ、VOXI(ボクシィ)やESQUIRE(エスクワイア)などは400万近く予算外。
また色々と乗り比べてみてて、上記のVOXIやNOAH(ノア)、STEPWGN(ステップワゴン)など背の高いワンボックス車はフワフワした感じが妻に不評で候補から外れていきました。

そして以下のような要件が絞り込まれてきました

  • 運転が疲れないこと
  • 燃費が良いこと
  • 安全性能が高いこと
  • 何かの時に荷物や人を載せられること
  • 背が高くないこと
  • ヘッドレストが前過ぎないこと

これらが条件になってきました。

こうなるとステーションワゴンのカテゴリとなりますが、今このクラスは旧レガシーであるレヴォーグやインプレッサぐらいしかないんですね。
かつてはアバンシア、ステージア、アコードワゴン、アベニール、MARK-Xなど人気だったのかもしれませんが、今は意外と選択肢の少ない車種です。

その中で要望にぴったりだったのが、ジェイドです。

JADEは初見から、その流麗なボディラインが気になっていました。そして運転のしやすさ。

思いのほか見やすいウィンドウ

思いのほか見やすいウィンドウ

低く構えたスタイルのため狭いのかと思いきや、運転席に座った時、フロントガラスからサイドウィンドウまでの視界の広さに驚きました。
そして大きめのサイドミラーと、ミラーがしっかり見えるサイドウィンドウ。

http://www.honda.co.jp/JADE/

http://www.honda.co.jp/JADE/

プリウスの方が意外と天井やフロントガラスが迫ってくる圧迫感を感じました。

CMでアピールしていた立体駐車場に入るほどの低重心、そしてこだわりのサスペンションのおかげで、コーナリングや高速運転も揺れがなく、キビキビとしてる割に安定感があり好印象でした。

評判良くないと言われる3列目のシートは、まあ大人向けではないです。でも頭の上がルーフウィンドウになってるおかげで明るく、子供達には好評でした。

ライバル的には同じホンダのシャトルや中古市場のストリーム、カローラツーリングワゴン、インプレッサなどがありましたが、運転のしやすさ、安全性からの総合判断となりました。

一年経って見て。

時折のちょっとした遠出を含め日常の足として使ってきましたが、全体的に大変満足しています。

疲れのない乗り心地。

JADE

ハイブリッドであることに加えて、タイヤのノイズを軽減するホイール、車体の静音材の効果か、静粛性が確実に乗り心地の良さにつながっています。

また、一定速度で追尾してくれるオートクルーズ機能が結構便利です。
普通の車だとスピードや車間をどれだけ気を配って運転していたかがよく分かります。
完璧に手放しの運転ではないですが、確実にストレスは減ります。

低めに抑えた作りのおかげで、コーナリングやバウンド時も安定性があり、乗り降りもしやすい利点となっています。

前述の通り視界の広い運転席、ゆとりある空間ということもあり、車に乗って移動することが楽になりました。

ハイブリッド、燃費について。

img16072004

おおよそ18〜20km/l前後を推移し、ロングドライブの多い日だと26km/lを超えることもあります。
ステーションワゴンのこのクラスであれば10〜15km/lいけばいい方なので、満足です。

モーター駆動モードは走り方によって出番が変わってきますが、うまく使えば60km/hを超える速度でもEV走行となる時もあります。
切り替わりも気づかないくらい、いい感じです。

話題の2列目、3列目は

賛否両論のある2席しかない2列目シートですが、今の所こちらもこの仕様で困ったことはありません。
大人を5人、6人を乗せることがまずないからなのですが、万が一の3人並びにするか、常時ゆったり座れるか、の選択です。
3人並んで座ることすら少なく、普段使いが楽なほうがいいので、こちらも概ね満足しています。

これは乗って比べて好みに合わせてください、としか言いようがありません。
私はアリだと思います。


子育て世代は、家族大人数乗れて、燃費も良くて、運転もしやすくて、安全で、壊れなくて、それでいて安くてと車への要望が盛りだくさんです。

全部を抑えようとすると全体的にアンバランスになったり見えないところで質が落ちたりするので、車選びは難しいところ。

でも郊外や地方に住んでいるならば車は毎日の生活の一部なので、日々使いやすいかどうかを大事にすべきでは、と思います。

また、身の回りの持ち物の選び方で、生活のクオリティや得られる体験、つながる活動範囲が変わってきます。
せっかくの相棒なので、そうしたそれぞれの家族の理想的なイメージが描ける車だと、いいですよね。

Blue bottle coffee 青山へ行ってきました

東京出張の機会にあわせてコーヒー界の黒船と名高い、ブルーボトルコーヒーにいってきました。

ブルーボトルコーヒーとは

アメリカのサンフランシスコで新たなカルチャーが誕生……といっても、テクノロジー系スタートアップではなく、コーヒーの話だ。「マイクロブリューコーヒー」(あるいは「マイクロ・ロースター」「サードウェーブコーヒー」「第三の波」とも)は、1カップずつ丁寧にいれるのが特徴で、その芳醇な香りと味わいは、早くも全米を席巻する勢いだ。そして、その源流とされているのが、サンフランシスコの『ブルーボトル・コーヒー(Blue Bottle Coffee)』である。
今回訪れたのは、国内では二件目となる、南青山の店舗。
オープンして間もないため、長蛇の列があると言われていて、平日の開店直後なら並ばなくて済むと聞きましたが、10:00の開店前でも、20人以上の列。
春とは思えない、北風の吹き荒む寒空にも関わらず、猛者たちが連なっていました。
暖をとるためスタバでラテでも買って並べばよかったとか間違った後悔をしつつ結局20分ほどガタガタと震えてから、ようやく案内してもらいました。

落ち着いたショールームのような空間

青山店は、もう青山らしいショップや会社の並ぶ通りに面したビルの二階。

ちなみにすぐ隣もコーヒーショップです。

‎青山カフェは3月7日にオープン

‎青山カフェは3月7日にオープン

ぞろぞろと連なり期待とともに脇の階段を進むと、香ばしい豆の香りが届き始めます。
主張のある、明るい植物の香り。

中を覗くと、シルバーの厨房を囲むように、明るいにぎやかな空間が広がっていました。

満員なら50席はあるでしょうか。しかしフル稼働ではなく、スタッフで許容できる人数ずつ案内しているようです。

 

明るい店内
スタバとどうしても比べられますが、スタバはコーヒー豆のような重厚なインテリアが多い気がします。
対して、欧米のSOHOにありそうな、明るいグレーや白を基調とした清潔感のある空間です。

これがブルーボトルだ、という味の定義がはっきりした味わい

くっきりした酸味でしたさて今回は、エスプレッソ、そしてブレンドコーヒーを頼みました。
さあどれだけ期待値に応える味か、というと。

オレンジのような酸味がしっかりしたエスプレッソ!

エスプレッソは、今まで飲んだことがないような、鮮やかな酸味が特徴的でした。

コクのある、エスプレッソならではの苦味やとろみをはっきりと支えてます。
コーヒーって、面白い!と言い切れる味です。

ブレンドコーヒーの銘柄は、スリーアメリカンズ

こちらもスパイシーな中に明るい酸味があります。美味しいです。
そして薫り高い。アロマ、とこれは呼んでいいと思います。新鮮な豆を使える強みですね。
エチオピア、コンゴ産。
これが、いわゆるブルーボトルらしさなのでしょう。
アメリカらしいわかりやすさというのか、堂々とこれが我々の味だっ、とアイデンティティー持っているのは好感です。
豆のコレクションだけでなく、焙煎による味の特徴作りにこだわっていると言われていますが、これを味わうために訪れる価値はあるかな、と思います。

カップがガラスなのはコーヒーの色も楽しむため?

エスプレッソはホワイトの陶器のカップなのですが、ブレンドコーヒーはガラスでできたカップでした。
熱伝導の都合や扱いやすさ、文化もありあまり透明のカップは暖かいコーヒーを飲むためにあまり使われない気がします。

ファミレスのジョイフルのドリンクバーが確か透明でしたよね。
でも、時折紅茶を飲む店では透明のグラスを使うことがあります。
紅茶の場合と同様、もしかしたら注いだコーヒーの色を見て視覚でも楽しんでもらうためなのかな、と感じました。

img150328-04
日常の中の第三の場所、としての提案でスタバはその存在を確立しましたが、ブルーボトルは本来のコーヒーショップにより近く、ただ新しいコーヒーの文化をつくってる、とみてもいいのかもしれません。
レストランのようなレイアウトだし、机の高さや大きさを見ても、ノマドワークや保険屋が説明事項読み合わせのために使う場所ではなく、コーヒーを味わう目的の人向け、という感じです。
場所もありますが、ビジネスマンとかアーリーアダプター的な人が店内には多い気がしました。

ブームでちやほやされている存在はちょっと、というこだわりの人でも、コーヒーすきならば一度味のコレクションのために並んでみる価値はあるかもしれません。


[青山 カフェ]
〒107-0062 東京都港区南青山 3-13-14 2F 店舗面積 189m(2 室内)
46.2m2(テラス) 営業時間 年中無休
10:00~21:00


おまけ:

イングリッシュマフィン。

イングリッシュマフィン

イングリッシュマフィン

アボカドとピクルス、マスタードがほんとに程よい酸味で美味しかったです。こちらも香り高い。

Crown Lagerという思い出の話

クラウンラガー【Crown Lager】というビールをご存知でしょうか。
オーストラリア、CARLTON社のラガービールです。
このビールを知ったのは、10年以上前、オーストラリアに住んでいた20代の頃でした。

当時日本では発泡酒すら出始めでしたがきちんとしたビールはまだ高く、また日本で住んでいた四国地方は輸入物のお酒もバラエティに乏しく、オーストラリアのビールの安さに喜んでいました。
VBとか、フォーエックス(XXXX)とか、350mlくらいでも冷えた瓶ビールが一般的で。
しかしやはり味をたしなむというより”量”で楽しませる存在だからか、アメリカのバドワイザーのように、軽い味わいや口当たりが主流。
そういう意味で、”XXXX Bitter”などの方が味わいにコクのあるので好きでしたね。

XXXX land

そんな中、「ちょっとお高いこんなビール知ってる?」と教えてもらったのがCrown Lagerです。
このビールは、当時2ドル前後だったビールの中で4ドル以上もする、いわばエビスのような存在でした。
瓶も、野暮ったさを感じさせるような、いっぱい入ってますよ感がうれしい太めの他のビールと異なり、ピンヒールにドレスコートを着たレディのように、エレガントなデザイン。
一目惚れさせるようなたたずまいでした。

Crown Lagerの気になる味は、クリームのような小さな小さな泡が舌から喉まで通っていく、やはり上品な味わい。
ラガーというだけあってしっかり苦みは感じさせるのにえぐみがない。
きんきんに冷やすというよりも、喉に通りやすいくらいの優しい冷たさが丁度いい。
ラベルに描かれている王冠にふさわしい、まさに王様のようなビールでした。

存在感や味が気に入って、「ちょっと高いんだけどな〜」といいながらもよく買っていました。
たしか昔のエビスのように、どこででも買える代物ではなかった気がします。
むしろ他のビールも買いつつこのCrown Lagerも飲むと、群を抜いたプレミアム感があっていい気持ちになれました。
帰国の際は何本も買って帰った記憶があります。

そんなCrown Lagerを、近くのイオンのリニューアルした専門酒売場で偶然みかけました。
久しぶりの出会いにときめく一方、あのCrown Lager殿がこんなイオンなんかに置かれていて…と一言申したくなりましたが家族内で処理しておき、一本だけ買って帰りました。

forever! crown lager

あの頃とまったく変わらない、金色のラベルに描かれた流れる筆記体のロゴとあの赤い王冠のマーク。
こんなに細かったんだな、と感じたのは自分が成長したからでしょうか。

さっそく冷やしてみて飲んでみると、忘れかけていた味に感動しました。
シャンパンのような微炭酸が、オーストラリアに住んでいた頃のいろんな記憶や感覚が持ち上がらせます。

crown lager

味覚、もちろん他の飲み物や食べ物も、記憶や思い出とリンクしているものですが、お酒って何か違いますね。
そこに横たわる時間の流れを、より感じさせる気がします。